ものづくり企業×13人の若手デザイナー 再構築に幸せをまぶしたものづくり

皿田 亮朋 - Akitomo Sarada

1974年 広島生まれ
大阪モード学園インテリア学科卒業後、株式会社ピクデザイン事務所にて、インテリアデザイナーとして商空間を中心としたデザインを手掛ける。
大阪デザイナーズウィーク2005クリエイターズヘイベイ出展
JCDライジングデザイナーオブザイヤー2010ノミネート
ツムテンカク2011実行委員会メンバー
〒534-0027 大阪市都島区中野町4-7-12
http://www.pcdesignoffice.com

ROOTS FACTORY/木製置き型照明

世の中には色んなモノが溢れてて、低コスト高品質。
何でもありそうなのに、本当に欲しいと思えるモノにはなかなか出会えません。
そんなモノが欲しくて欲しくてたまらない。けど無い。じゃあ、「自分で作ってしまおう!」
という訳で誕生したROOTS FACTORY は大阪市浪速区にある家具&雑貨の工房です。
古くて大きな鉄工所跡の建物にあり、オリジナル家具&雑貨の企画製造や、家具のリメイクをしています。
コンセプトは、カッコ良くて便利、“かゆい所に手が届く”ような感じで、自分達が実際に欲しいと思う“本当に使えるモノ”を創る事。
心の根っ子をカタチにしたいという想いを込めて、「根っ子の工場」ROOTS FACTORY(ルーツファクトリー)です。

作品名 Kivi

「Kivi(キヴィ)」はフィンランド語で「宝石」を意味します。
「宝石」は自ら「光」を発することはありませんが、
「光」をあてると、眩いばかりに輝きます。
この照明もその反射する「光」を用いて輝きます。

震災前まで、街や家には「光」があふれいてました。
しかし震災後、そのあふれる「光」について
考え直さなければならなくなりました。

本当に必要な量の「光」とは?

「Kivi」は、このことを再幸築することによって生まれました。
この「Kivi」を1分間見つめてください。
徐々にその「光」の量に目が慣れてきます。
そして、求める「光」がそこに見えてきます。

Photo Gallery